福岡の茶道具・骨董品の買取と販売

古美術・観賞陶器・茶道具の専門店

本質を感じ取る眼を養う。
美を賞で豊かな心を育む。
Artのある毎日は喜びであり、
私達に与えられた最高の贅沢です。
吟味して揃えた珠玉の逸品をお届け致します。

サービス品 Gallery  ヤフオク

ホームページ
リニューアル中です。

公開は10月初旬となります。

宜しくお願い申し上げます。


新着・更新情報 New

2018年7月29日(日曜日)
新商品・No3.を更新

サービス品を更新
2018年7月4日(水曜日)
新商品・No1.を更新
2018年7月3日(火曜日)
新商品・No12.を更新  
2018年7月2日(月曜日)
新商品・No11.を更新
2018年6月16日(土曜日)
新商品・No10.を更新
2018年6月15日(金曜日)
新商品・No9.を更新
2018年5月29日(火曜日)
新商品・No7.を更新
2018年5月25日(金曜日)
新商品・No5.を更新 
2018年5月24日(木曜日)
新商品・No4.を更新
2018年8月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
休業日

新商品紹介

    • 新商品 No1.
      - 7月4日(水)更新 -
    • 古染付荒磯文瓢形徳利
    • 明時代末期
    • ¥600,000
    • -
      -
    • -
    • -
    • -
    • 新商品 No3.
      - 7月29日(日)更新 -
    • 古染付兎八卦文八角皿
    • 明時代末期
    • ¥100,000
    • 新商品 No4.
      - 5月24日(木)更新 -
    • 古九谷様式色絵菊文皿
    • 江戸前期
    • ¥200,000
    • 新商品 No5.
      - 5月25日(金)更新 -
    • 尻上がりねこ
    • 籔内佐斗司
    • ¥450,000
    • -
      -
    • -
    • -
    • -
    • 新商品 No7.
      - 5月29日(火)更新 -
    • 藍柿右衛門鶴文小鉢
    • 江戸中期
    • ¥50,000
    • -
      -
    • -
    • -
    • -
    • 新商品 No9.
      - 6月15日(金)更新 -
    • 藍柿右衛門龍獅子山水文皿
    • 江戸中期
    • ¥150,000
    • -
      -
    • -
    • -
    • -
    • 新商品 No11.
      - 7月2日(月)更新 -
    • 箱崎浜図
    • 仙厓義梵
    • ¥500,000
    • 新商品 No12.
      - 7月3日(火)更新 -
    • 月満ちる
    • 千住博
    • sold out

送料無料オンライン決済(クレジットカード)対応代引無料

お勧め品紹介

    • 伊万里・鍋島 No2.
    • 柿右衛門濁手鳳凰文鉢
    • 江戸中期
    • ¥800,000
    • 古陶磁・茶道具 No2.
    • 献上薩摩菊桐文徳利
    • 幕末
    • ¥500,000
    • 中国古美術 No1.
    • 呉須赤絵仙人鹿文大皿
    • 明時代末期
    • ¥2,000,000
    • 中国古美術 No3.
    • 古染付吹墨月兎文八角皿
    • 明時代末期
    • ¥200,000

天平堂 - TENPYODO -

〒812-0027
福岡県福岡市博多区下川端町10-12
代表責任者 今林 崇
TEL・FAX 092-710-6657
http://www.tenpyodo.com
info@tenpyodo.com

Chinese  English  Facebook

福岡県公安委員会 第902051710021号

(事業内容)
古美術・骨董品・茶道具の買取と販売
美術競売(掌美会)、
美術鑑賞会(普門会)の運営

(主な取り扱い品目)
九州古美術、中国古美術、朝鮮古美術、
初期伊万里、古九谷、柿右衛門、古伊万里、鍋島、古唐津、古上野、古高取、古萩、
古平戸、現川、亀山、古薩摩、茶道具、現代作家、掛軸、絵画、象牙

当社(天平堂 - TENPYODO -)は福岡市博多区のホテルオークラ福岡隣にて、
古美術・骨董品・茶道具の買取と販売を致しております。
業者間の美術競売(掌美会)を始め、
一般の顧客様を主体とした美術鑑賞会(普門会)を通し、
「人と物」、「人と人」との一期一会を大切に、
文化や伝統を後世に繋げていける店舗を目指しています。

RETURN TO TOP