LOADING

TENPYODO

Chinese Antique(Han・Tang・Song Dynasty)

中国古美術(漢・唐・宋時代)

Chinese Antique(Han・Tang・Song Dynasty)

https://tenpyodo.com/en/product1/cat/china/(Handled Items ⇒ Chinese Antique)


漢緑釉

中国・漢時代の焼物としてよく知られているのは灰陶や低火度鉛釉を基礎釉とした緑釉陶器です。
色目の煌びやかな低火度釉陶器はオリエントで早くから栄えており、
中国でその釉法が広く用いられるようになるのは漢時代に入ってからです。
この褐釉や緑釉を施した陶器は死者への祈りを込めて墳墓に副葬する為に造られた明器であり、
青銅器に代わって重宝されました。
緑釉陶器の隆盛は後漢時代の1~2世紀頃で河南省や陝西省を中心に流行しました。
中核を成す工房は長安と洛陽の二都を中心に配置されていましたが、
これは明器を所望する貴族階級の人々が都近郊に集中していた為と考えられており、
出土例がこの地域に集まってくるのは必然です。
前漢時代に隆盛した褐釉は緑釉全盛の陰に没していき、
生産量は圧倒的に緑釉が多いです。
土は鉄分を多く含んだ細密なもので彩陶や灰陶とほぼ同質です。
貴重な青銅器に代用される副葬品として造られた為に殆どがその器形を写しており、
特殊な器形を除いて成形はほぼ轆轤で成されます。
釉薬の主体は珪石等のガラス質でこれに酸化銅の呈色剤を加えると緑色が得られ、
胎土に釉薬を熔着させる媒熔剤としての鉛を加えて初めて完成に至ります。
鉛を含んでいる為、
緑釉の表面には銀虹色の膜を生じた物も多く見られます。
これは長年の土中間で鉛が析出して徐々に変化する現象で風化した釉面が薄膜状に剥離し、
外光を干渉して雲母のような虹彩色を発します。
神秘的な美しさを添加し、「銀化」や「ラスター」と呼ばれて喜ばれています。
釉薬は厚くたっぷりと掛けられていますが、壷瓶類の内側にまでは掛けられていません。
内側に釉薬が掛かっていないと水分が滲み出てしまう欠点となりますが、
実用品ではない明器故に外側の目に付く部分だけに掛かっていれば問題ありませんでした。
緑釉も褐釉も殆どが単独で用いられますが、稀にこの二釉を一器に併用する事があります。
褐釉を一面に掛けた後、部分的に緑釉を加えたり、緑釉で彩文したりしています。
逆に緑釉地に褐釉を加えるといったケースは知られていません。
この二釉の併用は緑釉が安定せずにかせて剥落し、美しい二彩になった例は少ないです。
少量しか造られなかったのにはそのような制作上の理由もあると考えられています。
銅は1,000℃以上の高温で焼成すると気体となって揮発してしまう為、
700~800℃前後の低火度焼成が行われました。
焼成方法には壷の口と口とを合わせて焼いた対口焼が知られています。
このような焼成方法を執っている事から壷の口縁は釉薬が剥離しており、
上に重ねて焼いた壷は釉薬が裾から口の方向へ流れて口縁に釉溜りが突起しています。
灰陶にはこういった焼成方法の癖はありません。

han-green- glaze-1
han-green- glaze-2

Tang-Sancai

Tang-sancai is a type of three colored pottery that was fired during the tang dynasty mainly in kilns near xi’an (formerly chang’an)and luoyang. As a general rule, they were burial accessories and were not intended for everyday use. It is the work of art that gorgeously decorated the tombs of royalty and nobility, and is also a treasure symbolizing the cultural exchange between east and west along the exotic silk road. In 1905, a large amount of sancai was discovered during railway construction between kaifeng and luoyang, and the discovery of these richly colored burial accessories, which had been virtually unknown until then, astounded the world. It was competitively sought after by collectors in europe and the united states, and quickly became a representative of chinese ceramics. Although there was a trend in japan to avoid burial accessories, collectors who were fascinated by the beauty of sansai gradually appeared, and a new style of ceramics collecting called “Appreciation Ceramics” was established, in which people purely admired the beauty of ceramics. Moritatsu Hosokawa(Eisei Bunko Museum), Koyata Iwasaki(Seikado Bunko Art Museum), Tamisuke Yokogawa(Tokyo National Museum Collection), and Sazo Idemitsu(Idemitsu Museum of Arts)are known as central figures who collected tang-sansai. By far the most examples of excavations have been found in xi’an in shaanxi province and luoyang in henan province, which were home to royalty and high ranking officials, followed by yangzhou in jiangsu province, which was a trading port. With the progress of excavations, the excavated area continues to expand, and it has spread to liaoning, hebei, shanxi, shandong, gansu, hubei, anhui, jiangxi, and other provinces, making it a fairly wide ranging distribution. After shaping the highly plastic clay, it is bisque fired at a high temperature of approximately 1,200℃. After cooling, a basic glaze(transparent glaze)is applied, green or brown lead glaze is added, and low temperature firing is performed at approximately 800-900℃. The colored glaze flows or bleeds because the base glaze becomes the base melt during firing, and the parts of each glaze that come in contact with each other fuse together, giving off a gorgeous color. Basically, there are three colors(white, green, and brown), but works that include blue and two colors with fewer colors are also collectively referred to as Tang-Sansai”. It had a great influence on the ceramic industries of surrounding countries, including its own country’s “Liao-Sancai” and Japan’s “Nara-Sancai”, as well as “Silla-Sancai” and “Bohai-Sancai”.

Tang-Sancai-1
Tang-Sancai-2

Qingbai Ware

The blue color of qingbai ware comes from the reduction firing of trace amounts of iron contained in the glaze. Starting with the jingdezhen kiln in jiangxi province, it was also fired in guangdong, fujian, zhejiang, anhui, and henan provinces.

Qingbai Ware-1
Qingbai Ware-2

天目

天目とは抹茶喫茶に用いられる茶碗です。
中国淅江省の北部と安徽省との境に「天目山」という禅宗の中心地があり、
鎌倉時代に日本からも多数の留学僧がここにあった禅刹に訪れました。
彼らは寺で常用していた黒釉碗を日本に請来し、「天目」と呼んだ事が語源になっています。
低く小さな高台、漏斗状に開いた腰部、口縁は内側にやや窄まった後に外反する鼈口、
高台とその周辺は露胎といった条件を備えています。
曜変天目、油滴天目、禾目天目(兎毫盞)、玳玻天目(玳玻盞)、灰被天目等の種類があります。
建窯の天目茶碗には口縁に金や銀の覆輪を被せた例が多く見られますが、
これは口縁のざらついた素地の感触が不快な為に被せられたものです。
天正年間(1573~92)後半頃から次第に茶碗の主役は高麗茶碗等へと移り替わり、
天目茶碗の使用は儀式用に限定されて天目台を下部に添えて使用されました。
日本で国宝に指定されている茶碗は、
中国の曜変天目3碗(静嘉堂文庫蔵、藤田美術館蔵、大徳寺龍光院蔵)・
油滴天目1碗(大阪市立東洋陶磁美術館蔵)・
玳玻天目1碗(相国寺承天閣美術館蔵)、
朝鮮の大井戸茶碗「喜左衛門」1碗(大徳寺孤篷庵蔵)、
日本の絵志野茶碗「卯花墻」1碗(三井記念美術館蔵)・
本阿弥光悦茶碗「不二山」1碗(サンリツ服部美術館)の合計8点の内、
約半数が天目茶碗で占められているように茶碗の最高位を示していた様子が窺えます。


We sell and purchase Chinese Antique(Han・Tang・Song Dynasty)

We have a physical shop in Hakata-ku, Fukuoka City, where we sell and purchase "Chinese Antique(Han・Tang・Song Dynasty)" works. Drawing on a long career and rich experience in dealing, we promise to provide the finest service in the best interests of our customers. With the main goal of pleasing our customers, we will serve you with the utmost sincerity and responsibility until we close the deal.