TENPYODO

杉木普斎

Fusai Sugiki

杉木普斎 1628(寛永5)年~1708(宝永3)年

杉木普斎は伊勢外宮の御師という神職の家に生まれ、
代々「吉大夫」を名乗っていました。
名を光敬、字を周禅、号を宗寿・宗喜・有麦庵・得失庵・直入庵・普斎といいます。
家業の傍らに茶道を執心精進し、
1642(寛永19)年に千宗旦の門に入り、
宗旦四天王に数えられるようになります。
1658(万治元)年に宗旦が没した後は一翁宗守、江岑宗左に師事しました。
宗旦からは「宗喜」の茶名、
参禅の師・大徳寺198世乾英宗単からは「普斎」の号を授かりました。
普斎が弟子達に与えた多くの茶道伝書「普斎伝書」は、
茶道研究にとって大変貴重な資料として知られています。
自ら「勢州茶楽人」や「日本茶楽人」と称しながら、
各地の有力者との師壇関係を活用し、
利休正風を伝える事を使命とした「行脚の茶匠」とも云われています。

We sell and purchase Fusai Sugiki

We have a physical shop in Hakata-ku, Fukuoka City, where we sell and purchase works by Fusai Sugiki. Drawing on a long career and rich experience in dealing, we promise to provide the finest service in the best interests of our customers. With the main goal of pleasing our customers, we will serve you with the utmost sincerity and responsibility until we close the deal.

Inquiry