古美術 天平堂

高原杓庵

Shakuan Takahara

高原杓庵 1893(明治26)年~1975(昭和50)年

高原杓庵は大阪府に生まれました。
本名を慶三、号を召南亭主人・杓庵・棠雨といいます。
1917(大正6)年、慶應義塾大学を卒業後、大阪毎日新聞社に入社しました。
学芸部副部長、出版局理事等を経て、
1945(昭和20)年に退社し、白鶴美術館に勤務しました。
『茶杓三百選』を始めとする著書を多数残し、
茶杓鑑定の第一人者として知られています。

高原杓庵の作品の販売・買取しています

福岡市博多区に実店舗を構え、高原杓庵の作品の販売と買取を行っております。
長年培ってきたキャリアと豊富な取引経験を活かし、
お客様目線に立った最善のご提案をお約束させて頂きます。
ご満足頂けます事を第一として、
最後まで誠心誠意、責任を持って承らせて頂きます。

お問い合わせ