LOADING

 天平堂
Kohiki Sake Bottle(Akemi Ito)-1

こひき徳利(伊藤明美)

御売却済

温かい緋色を見せる粉引徳利です。理想的な手取りで、酒を注ぐ時に「トクトク」という心地良い音色を奏でます。

商品コード
231225-2
作者
伊藤明美
1964(昭和39)年生
重量
211g
胴径
7.9cm
口径
3.2cm
高さ
13.1cm
底径
3.8cm
次第
共箱
共布
容量
8分目で約200ml
状態
新品

Photo Gallery

  • Kohiki Sake Bottle(Akemi Ito)-1
  • Kohiki Sake Bottle(Akemi Ito)-2
  • Kohiki Sake Bottle(Akemi Ito)-3
  • Kohiki Sake Bottle(Akemi Ito)-4
  • Kohiki Sake Bottle(Akemi Ito)-5
Kohiki Sake Bottle(Akemi Ito)-1
Kohiki Sake Bottle(Akemi Ito)-2
Kohiki Sake Bottle(Akemi Ito)-3
Kohiki Sake Bottle(Akemi Ito)-4
Kohiki Sake Bottle(Akemi Ito)-5

粉引

粉引(粉吹)とは鉄分の多い素地に白泥を浸し掛けし、
総体に透明釉を掛けて焼成した粉青沙器です。
無地刷毛目とは異なり、
高台やその周辺も含めて全面が白泥で覆われています。
表面の柔和な釉調があたかも粉を引いた(吹いた)様に見える事からの名称です。
永年の使用によって生じた「雨漏」と呼ばれる染みや、
白泥が切れて素地が現れた「火間」が見所の一つとされています。
茶碗、お預け徳利、ぐい呑みは垂涎の的として珍重されています。
15~16世紀を中心に焼成されました。


伊藤明美 1964(昭和39)年生

福岡県田川市に生まれる。
1992(平成 4)年 福岡県立田川高等技術訓練校にて陶芸の基礎を学ぶ。
1993(平成 5)年 有光武元氏に師事。
1997(平成 9)年 福岡県田川市にて作陶を始める。
NHK文化センター(北九州)陶芸講師となる。
2005(平成17)年 鞍手竜徳高校にて陶芸講師となる。
京都や東京でも個展を開催し、全国に根強いファンを有する。