古美術 天平堂

吉賀大眉

Taibi Yoshika

吉賀大眉は吉賀大雅の長男として山口県萩市に生まれました。
本名を寿男といいます。
1932(昭和7)年、萩市立商業学校を卒業後、京都の国立陶磁器試験所に入所しました。
1938(昭和13)年、東京美術学校彫刻科塑造部を卒業しました。
建畠大夢が主催する直士会に所属して塑造の研究に励みました。
1940(昭和15)年、彫刻から陶芸に転じます。
1942(昭和17)年、加藤土師萌に師事しました。
1943(昭和18)年、帰萩して泉流山窯で作陶を開始します。
1945(昭和20)年、泉流山の先賢者の名に因んで、「大眉」と号しました。
1951(昭和26)年、東陶会全国陶芸展で奨励賞を受賞しました。
1953(昭和28)年、山口大学教育学部講師に就任しました。
全国陶芸展で奨励賞を受賞しました。
1955(昭和30)年、現代日本陶芸展で朝日新聞社賞を受賞しました。
1956(昭和31)年、日展北斗賞を受賞しました。
日本陶磁器協会賞を受賞しました。
1957(昭和32)年、日展特選、北斗賞を受賞しました。
1960(昭和35)年、日展審査員に就任しました。
1961(昭和36)年、萩焼作家協会会長に就任しました。
1964(昭和39)年、日本現代工芸美術展審査員に就任しました。
1965(昭和40)年、現代工芸美術家協会理事、日本現代工芸美術展審査員に就任しました。
「暁雲シリーズ」を発表して芸術的方向性を確立しました。
1968(昭和43)年、山口芸術短期大学教授、日展評議員に就任しました。
1969(昭和44)年、日展で内閣総理大臣賞を受賞しました。
1971(昭和46)年、日本芸術院賞を受賞しました。
1982(昭和57)年、日本芸術院会員となりました。
現代工芸美術家協会副会長に就任しました。
1983(昭和58)年、日展常務理事に就任しました。
1986(昭和61)年、勲三等瑞宝章を受章しました。
1990(平成2)年、文化功労者として顕彰を受けました。
1991(平成3)年、勲二等瑞宝章を受章しました。
1994(平成6)年、萩陶芸美術館「吉賀大眉記念館」が開館されました。
萩焼陶芸界に大きな足跡を残し、
萩焼を芸術の域にまで高めた大家として業績が讃えられています。

吉賀大眉の高価買取しています

長年培ってきたキャリアと豊富な取引経験を活かし、
お客様目線に立った最善のご提案をお約束させて頂きます。
ご満足頂けます事を第一として、
最後まで誠心誠意、責任を持って承らせて頂きます。

買取についての詳細を見る