吉賀大眉

Taibi Yoshika

吉賀大眉 1915(大正4)年~1991(平成3)年

 吉賀大眉は吉賀大雅の長男として山口県萩市に生まれました。
本名を寿男といいます。
1932(昭和7)年、萩市立商業学校を卒業後、京都の国立陶磁器試験所に入所しました。
1938(昭和13)年、東京美術学校彫刻科塑造部を卒業しました。
建畠大夢が主催する直士会に所属して塑造の研究に励みました。
1940(昭和15)年、彫刻から陶芸に転じます。
1942(昭和17)年、加藤土師萌に師事しました。
1943(昭和18)年、帰萩して泉流山窯で作陶を開始します。
1945(昭和20)年、泉流山の先賢者の名に因んで、「大眉」と号しました。
1951(昭和26)年、東陶会全国陶芸展で奨励賞を受賞しました。
1953(昭和28)年、山口大学教育学部講師に就任しました。
全国陶芸展で奨励賞を受賞しました。
1955(昭和30)年、現代日本陶芸展で朝日新聞社賞を受賞しました。
1956(昭和31)年、日展北斗賞を受賞しました。
日本陶磁器協会賞を受賞しました。
1957(昭和32)年、日展特選、北斗賞を受賞しました。
1960(昭和35)年、日展審査員に就任しました。
1961(昭和36)年、萩焼作家協会会長に就任しました。
1964(昭和39)年、日本現代工芸美術展審査員に就任しました。
1965(昭和40)年、現代工芸美術家協会理事、日本現代工芸美術展審査員に就任しました。
「暁雲シリーズ」を発表して芸術的方向性を確立しました。
1968(昭和43)年、山口芸術短期大学教授、日展評議員に就任しました。
1969(昭和44)年、日展で内閣総理大臣賞を受賞しました。
1971(昭和46)年、日本芸術院賞を受賞しました。
1982(昭和57)年、日本芸術院会員となりました。
現代工芸美術家協会副会長に就任しました。
1983(昭和58)年、日展常務理事に就任しました。
1986(昭和61)年、勲三等瑞宝章を受章しました。
1990(平成2)年、文化功労者として顕彰を受けました。
1991(平成3)年、勲二等瑞宝章を受章しました。
1994(平成6)年、萩陶芸美術館「吉賀大眉記念館」が開館されました。
萩焼陶芸界に大きな足跡を残し、
萩焼を芸術の域にまで高めた大家として業績が讃えられています。