寄神崇楽

Sohaku Yorigami

寄神崇白

 古くから神社仏閣の瓦を作っていた窯の流れを汲む土風炉師・寄神崇白は、
国宝等の再建の折の美術瓦を制作していましたが、
その傍らに趣味の茶花道を通じて土風炉や茶碗等を手掛け、
1940(昭和15)年に洛西・桂の地に「桂窯」を築窯しました。
器体表面に雲がかったような黒や灰色の斑文を出す伝統技法「雲華焼」を得意としました。

2代 寄神崇白 1937(昭和12)年生

 2代寄神崇白は初代寄神崇白の子として京都に生まれました。
1957(昭和32)年、京都市立工業試験場窯業科を卒業しました。
1975(昭和50)年、2代寄神崇白を襲名しました。
2001(平成13)年、丹波に移窯しました。
黒陶は窯中で炭素を器体表裏に付着・吸収させて造る事で、
漆を塗ったような艶やかな肌合いとなります。
格調高い黒の土風炉は声価が高いです。