鈴木表朔

Hyosaku Suzuki

 鈴木表朔は京都の代表的な塗師です。
木村表斎(1817~85)を祖師とする京塗の主流「表派」の技法を継承してきました。

初代 鈴木表朔 1874(明治7)年~1943(昭和18)年

 鈴木表朔は滋賀県安曇川町に生まれました。
旧姓を井上、本名を捨吉といいます。
蒔絵師・鈴木長真の婿養子となって「鈴木表朔」を名乗りますが、
後に髹漆に転じ、
2代木村表斎に師事しました。
1904(明治37)年、新古美術品展四等賞を受賞しました。
1909(明治42)年、伊勢神宮の神宝の塗りを担当しました。
1913(大正2)年、京都御所の御大典高御座、御帳台、万才旙等の塗りを担当しました。
1916(大正5)年、内務省御用となりました。
1919(大正8)年、佳都美会会員となりました。
1923(大正12)年、伊勢大神宮の神宝の塗りを担当しました。
1924(大正13)年、京都美術工芸会会員となりました。

2代 鈴木表朔 1905(明治38)年~1991(平成3)年

 2代鈴木表朔は初代鈴木表朔の子として京都に生まれました。
本名を貞次、俳号を貞路といいます。
1937(昭和12)年、パリ万国博覧会で銀賞を受賞しました。

3代 鈴木表朔 1932(昭和7)年生

 3代鈴木表朔は京都に生まれました。
本名を雅也といいます。
1972(昭和47)年、日本現代工芸賞を受賞しました。
1973(昭和48)年、日展で特選を受賞しました。
1977(昭和52)年、箱根彫刻の森美術館賞を受賞しました。
1988(昭和63)年、京都府京都文化博物館の歴史展示室各室の造形演出作品の企画・制作しました。
1993(平成5)年、内閣総理大臣賞を受賞しました。