宮川香山

Kozan Miyagawa

宮川長造 1797(寛政9)年~1860(万延元)年

 宮川長造は宮川長兵衛の子として生まれました。
名を長造、号を真葛・香山、屋号を楽屋、通称を真葛長造・楽長造、法名を妙性法月といいます。
青木木米に師事して作陶生活に従事しました。
真葛ヶ原に開窯した事で観勝寺安井門跡より「真葛」の号を授かりました。
晩年には知恩院華頂宮門跡より「香山」の号を授かりました。
主に茶器を焼成して仁清写しに優れましたが、染付、赤絵、交趾にも佳品が多いです。
四男・寅之助(初代宮川香山)が「香山」の名を継いで、
1871(明治4)年に神奈川県横浜市で「真葛焼」を開窯しました。

初代 宮川香山 1842(天保13)年~1916(大正5)年

 初代宮川香山は宮川長造の四男として京都に生まれました。
本名を寅之助といいます。
大雅堂孫長喜庵義亮に師事して絵画を学びました。
父に師事して熊次郎(2代宮川香斎)達と共に真葛窯に従事しました。
1860(万延元)年、父の没後に窯業を継いで明治維新前後には備前・虫明窯で指導しました。
1870(明治3)年に薩摩藩の小松帯刀(篤姫の瑛太)より苗代川焼を改良するべく招かれますが、
小松の死去によって実現する事はありませんでした。
これを縁として薩摩御用商人・梅田半之助の勧めで横浜に輸出用陶業を開く事を求められ、
横浜商人・鈴木保兵衛から資金提供を受け、
1871(明治4)年に横浜太田村字富士山下(現:横浜市南区庚台)で真葛窯を開窯しました。
父が京都の真葛ヶ原に開窯した事からの号に因んで「真葛焼(別名:太田焼)」と称し、
薩摩錦手や粟田口焼を模造して「マクズ・ウェア」の名で海外にも輸出されました。
1873(明治6)年、ウィーン万国博覧会に出品して名誉金牌を受賞しました。
1876(明治9)年、フィラデルフィア万国博覧会で銅牌を受賞しました。
1877(明治10)年、京都博覧会で銀牌を受賞しました。
内国勧業博覧会で竜紋賞牌を受賞しました。
1878(明治11)年、パリ万国博覧会で金牌を受賞しました。
1879(明治12)年、シドニー万国博覧会で特絶一等賞を受賞しました。
この頃の受賞作品は半磁胎の花瓶や壷を主力とし、
細密な上絵装飾に彫刻的手法を加えたリアリズムの作風で他の追随を許しませんでした。
1881(明治14)年に内国勧業博覧会に出品した褐釉蟹貼付台付鉢(重要文化財)は代表作で、
帝国博物館に買い上げられて現在の東京国立博物館に伝わっています。
1883(明治16)年、アムステルダム万国博覧会で銀牌を受賞しました。
1888(明治21)年、バルセロナ万国博覧会で銅牌を受賞しました。
養子・半之助(兄・長平の子)に家督を譲って共同制作を執りました。
この頃は欧州の陶芸様式から大いに刺激を受けて従来の作風を転換し、
釉下彩磁や結晶釉の作品が中心を成すようになります。
1890(明治23)年、内国勧業博覧会で二等妙技賞を受賞しました。
1893(明治26)年、シカゴ万国博覧会で受賞しました。
1896(明治29)年、帝室技芸員となりました。
1898(明治31)年、日本美術院正員となりました。
1900(明治33)年、パリ万国博覧会で大賞を受賞しました。
1904(明治37)年、セントルイス万国博覧会で最高賞を受賞しました。
1905(明治38)年、リエージュ万国博覧会で大賞を受賞しました。
1910(明治43)年、日英博覧会で名誉大賞を受賞しました。
その卓越した技巧は「舶来香山」や「横浜真葛」と呼ばれて絶賛され、
国内外の展覧会で受賞を重ねて世界に真葛焼と宮川香山の名を馳せました。

2代 宮川香山 1859(安政6)年~1940(昭和15)年

 2代宮川香山は初代宮川香山の兄・長平の子とされますが、
幼くして実父を失った為に初代宮川香山の養子となりました。
本名を半之助といいます。
1892(明治25)年、大日本窯業協会会員となりました。
1893(明治26)年、シカゴ万国博覧会で受賞しました。
その際に渡米してシンシナティのロックウッド窯を見学し、
更にイギリスの窯場も巡って欧州の最新陶業を視察しました。
1900(明治33)年、パリ万国博覧会で一等賞金牌を受賞しました。
1910(明治43)年、日英博物館には神奈川県出品人総代としてロンドンに赴きました。
1916(大正5)年、2代宮川香山を襲名しました。
1927(昭和2)年、「東陶会」を結成して板谷波山達と顧問となりました。
大正期以降は寧ろ東洋陶磁の伝統様式に回帰し、
中国陶磁や仁清・乾山等の色絵陶器をベースにした気品ある精巧な作風を展開しました。
欧州陶芸の状況に国内で最も精通し、明治初期以来の伝統様式を積極的に革新しました。

3代 宮川香山 1881(明治14)年~1945(昭和20)年

 3代宮川香山は2代宮川香山の長男として生まれました。
本名を葛之輔といいます。
1945(昭和20)年、3代宮川香山は横浜大空襲で戦災死し、
自宅や窯を含めて全てを焼失し、事実上の横浜真葛焼はここで途絶えました。

4代 宮川香山 1884(明治17)年~1959(昭和34)年

 4代宮川香山は2代宮川香山の次男として生まれました。
本名を智之助といいます。
空襲に遭わずに戦後に4代宮川香山を襲名して復興に努めましたが、
叶いませんでした。