加藤重高

Shigetaka Kato

加藤重高 1927(昭和2)年生

 加藤重高は加藤唐九郎の三男として愛知県瀬戸市に生まれました。
1945(昭和20)年に愛知県瀬戸窯業学校を卒業後、
父に師事して作陶に従事しました。
1966(昭和41)年、日展で特選北斗賞を受賞しました。
1967(昭和42)年、日本陶磁協会賞を受賞しました。
1970(昭和45)年、日本現代工芸展で工芸賞を受賞しました。
1971(昭和46)年以降は公募展出展を止めて、
作品発表を個展としました。
1998(平成10)年、名古屋芸術家特賞を受賞しました。
現代美濃陶芸会の重鎮で、
志野、織部、黄瀬戸、唐津の茶陶を中心に陶壁も手掛けています。