角偉三郎

Isaburo Kado

角偉三郎 1940(昭和15)年~2005(平成17)年

 角偉三郎は石川県輪島市に生まれました。
1955(昭和30)年、沈金師・橋本哲四郎に師事しました。
1983(昭和58)年、全ての公募展から退きました。
2005(平成17)年、石川県七尾市に「角偉三郎美術館」が開館しました。
漆を指や藁等で塗り、その表情を器に留めたり、あえて色斑を活かす髹漆技法等、
既成の伝統的技法を超越した塗りは漆器の新しい地平を拓いています。
漆とは、木とは何かを問い、
能登の職人達と向き合う中で生まれる「空気が必要とする形」を追求し続け、
輪島漆芸を変えた革命児として国内外で高い評価を得ています。