橋本明治

Meiji Hashimoto

橋本明治 1904(明治37)年~1991(平成3)年

 橋本明治は島根県浜田市に生まれました。
1931(昭和6)年に東京美術学校日本画科を卒業し、
松岡映丘に師事しました。
1937(昭和12)年、新文展で特選を受賞しました。
1940(昭和15)年から1950(昭和25)年まで法隆寺金堂壁画模写に従事しました。
1952(昭和27)年、芸能選奨文部大臣賞を受賞しました。
日展審査員に就任しました。
1955(昭和30)年、日本芸術院賞を受賞しました。
1958(昭和33)年、日展評議員に就任しました。
1969(昭和44)年、日展理事に就任しました。
1971(昭和46)年、日本芸術院会員となりました。
1972(昭和47)年、日展常務理事に就任しました。
1974(昭和49)年、文化勲章を受章しました。
文化功労者として顕彰を受けました。
浜田市名誉市民の称号を受けました。
肉太の強い描線による明快な人物画により独自の様式を確立し、
日本画壇における揺るぎない地位を築き上げました。