古美術 天平堂
天平の風(1)

天平の風(1)

2021年3月30日

コラム「天平の風」

このコラムでは天平堂に関わって下さった方々、
支えて下さっている方々に感謝を込めて少しずつ綴っていきたいと思っています。

最初となる1回目は「天平堂」を創業した父を取り上げさせて頂きます。
これは約3年半前に北九州から福岡(博多)に移転したオープン当日の夜、
お客様に囲まれながら、父の最後の姿となった写真です。
ご参加して頂きました方に後日、頂戴しました。
弱っている様子を最後まで見せず、
お付き合いの長いお客様達と交わすお酒、楽しいお話。
その様子を見ていて、ずっと元気でいてくれるのでは!と思う程でした。
昔かたぎで本当に頑固でしたが、お洒落で、グルメで、ユーモアセンスのある父でした。

こんな記事を書くと、父は照れ臭がって、天国で嫌がっているかもしれません。
この日、私を福岡(博多)に送り出してくれた父や、
大切なお客様達との思い出は、つい先日の事のように思い起こされます。
父の下で学んで育ち、皆様に支えて頂きながら、私達は生かされています。
コロナ渦で世の中は未曾有の状況ですが、
このような時こそ、初心を忘れず、一歩ずつ丁寧に進んで行きたいと思います。