吉田美統

Minori Yoshida

吉田美統 1932(昭和7)年生

 吉田美統は石川県小松市に生まれました。
本名を稔といいます。
1951(昭和26)年、錦山窯3代を継承して上絵付けや金襴手の技法習得に努めました。
1963(昭和38)年、九谷焼新作展で県知事賞を受賞しました。
1976(昭和51)年、朝日陶芸展で受賞しました。
1980(昭和55)年、伝統九谷焼工芸展で優秀賞を受賞しました。
1982(昭和57)年、一水会陶芸展で会員優賞を受賞しました。
1984(昭和59)年、中日国際陶芸展で受賞しました。
日本伝統工芸展で奨励賞を受賞しました。
1992(平成4)年、日本伝統工芸展で高松宮記念賞を受賞しました。
石川県指定無形文化財に認定されました。
1993(平成5)年に「釉裏金彩鉢」がワシントン・スミソニアン研究機構のサックラー美術館の、
永久保存作品に選ばれました。
1995(平成7)年、日本陶磁協会賞を受賞しました。
日本伝統工芸展鑑査委員となりました。
1997(平成9)年、国際色絵陶磁器フェア’97九谷で受賞しました。
2000(平成12)年、日本伝統工芸展鑑査委員に就任しました。
日本伝統工芸展で保持者賞を受賞しました。
2001(平成13)年、紫綬褒章を受章しました。
重要無形文化財「釉裏金彩」の保持者(人間国宝)に認定されました。
北國文化賞、石川県文化功労賞を受賞しました。
2002(平成14)年、小松市文化賞を受賞しました。
2003(平成15)年、石川テレビ賞を受賞しました。
加藤土師萌の釉裏金彩に魅了されて独自の技法に工夫を重ねた試行錯誤の結果、
地色と金箔の絶妙な調和から控えめで格調高い新しい色彩世界を創出しました。