宇野宗甕

Soyo Uno

宇野宗甕 1888(明治21)年~1973(昭和48)年

宇野宗甕は宇野仁松の長男として京都に生まれました。
名を宗太郎といいます。
弟は宇野三吾です。
1902(明治35)年、京都市立美術工芸学校絵画科に入学しました。
1905(明治38)年、京都市立陶磁器試験場に転入しました。
1907(明治40)年、世界大博覧会美術部で大賞金杯を受賞しました。
1910(明治43)年、旧幹山伝七窯の東隣接に大型素焼き窯を築窯しました。
1913(大正2)年より中国の色釉の研究や再現に挑み、
1919(大正8)年に辰砂、鈞窯、青磁、天目を手掛けて「焔彩」や「水青磁」を開発しました。
1929(昭和4)年、作品が東京国立博物館に収蔵されました。
1942(昭和17)年、商工省より「焔彩」の技法で新興技術保存の指定を受けました。
三男・仁平に「仁松」名を譲って、「宗甕」と号しました。
1943(昭和18)年、京都陶磁器技術保存組合理事長に就任しました。
1948(昭和23)年、京都府工芸美術展審査員、京都家庭裁判所調定委員に就任しました。
1951(昭和26)年、現代日本陶芸展の出品作品がセーブル博物館に収蔵されました。
1952(昭和27)年、助成の措置を構ずべき無形文化財「辰砂」として選択を受けました。
1954(昭和29)年、作品が文化財保護委員会に収蔵されました。
1955(昭和30)年、日本工芸会正会員となりました。
1957(昭和32)年、記録作成等の措置を構ずべき無形文化財「青磁・辰砂」として選択されました。
1958(昭和33)年、作品がアメリカ・ボストン美術館と文化財保護委員会に収蔵されました。
1960(昭和35)年、モスクワ開催の陶芸展で銀賞を受賞しました。
1965(昭和40)年、紫綬褒章を受章しました。
1966(昭和41)年、作品がアメリカ・ボストン美術館に収蔵されました。
1967(昭和42)年、勲四等瑞宝章を受章しました。
1972(昭和47)年、美術功労賞を受賞しました。


宇野宗甕の買取しています

長年培ってきたキャリアと豊富な取引経験を活かし、
お客様目線に立った最善のご提案をお約束させて頂きます。
ご満足頂けます事を第一として、
最後まで誠心誠意、責任を持って承らせて頂きます。

<買取についての詳細はこちらから>