上田直方

Naokata Ueda

4代 上田直方 1898(明治31)年~1975(昭和50)年

 4代上田直方は3代上田直方の長男として滋賀県に生まれました。
1931(昭和6)年、4代上田直方を襲名しました。
1943(昭和18)年、信楽焼技術保持者に認定されました。
1964(昭和39)年、滋賀県指定無形文化財に認定されました。
焼き締めの土肌を最大限に活かした古信楽の魅力に着目して茶陶制作に専念しました。
「信楽焼」で初の滋賀県指定無形文化財に認定される等、
信楽焼を代表する名工として著名です。

5代 上田直方 1927(昭和2)年生

 5代上田直方は4代上田直方の長男として滋賀県に生まれました。
1946(昭和21)年に京都国立陶磁器試験所伝習科を卒業後、
父に師事して茶陶制作に専念しました。
1958(昭和33)年、滋賀県美術展覧会で特選を受賞しました。
1959(昭和34)年、滋賀県美術展覧会で特選を受賞しました。
1960(昭和35)年、滋賀県美術展覧会で特選を受賞しました。
1971(昭和46)年、日本工芸会正会員となりました。
1976(昭和51)年、5代上田直方を襲名しました。
1977(昭和52)年、日本工芸会近畿支部展鑑査委員に就任しました。
1978(昭和53)年、信楽伝統工芸作家協会(陶燿会)を結成しました。
1990(平成2)年、アメリカ・ニューヨークのエバーソン美術館に姥口水指を寄贈しました。
1991(平成3)年、滋賀県指定無形文化財に認定されました。
1995(平成7)年、滋賀県文化賞を受賞しました。
2000(平成12)年、文化庁より地域文化功労者表彰を受けました。
古信楽を指標とした温和で繊細な作風を展開する信楽焼の第一人者です。
茶陶制作に秀でて水指や茶入は特に高い評価を受けています。

6代 上田直方 1957(昭和32)年生

 6代上田直方は福岡県八女郡に生まれました。
本名を光春といいます。
5代上田直方の長女と結婚しました。
1984(昭和59)年、滋賀県立窯業試験場釉薬科を修了しました。
2003(平成15)年、秀明文化基金賞を受賞しました。
2010(平成22)年、6代上田直方を襲名しました。