宇田川抱青

Hosei Udagawa

宇田川抱青 1946(昭和21)年~1993(平成5)年

宇田川抱青は山口県に生まれました。
1973(昭和48)年、兄・宇田川聖谷と「丹妙山窯」を築窯しました。
1982(昭和57)年、独立して「白登山窯」を築窯しました。
「空の青、水の青、山の青さに囲まれて作陶したい」という事で「抱青」を名乗りました。
白萩には強い拘りを持ち、
完全無農薬の藁を作る為に上流の田圃を買い求めて自家栽培する程で、
田植えから刈り取りまで全て自らの手で行いました。
大道の原土を叩いた陶土に赤松を燃料とし、
分厚く保湿力のある登窯で素材の特徴を存分に引き出した作品を焼成しました。
惜しまれつつ早世した天才陶芸家として人気を博しています。


宇田川抱青の高価買取しています

長年培ってきたキャリアと豊富な取引経験を活かし、
お客様目線に立った最善のご提案をお約束させて頂きます。
ご満足頂けます事を第一として、
最後まで誠心誠意、責任を持って承らせて頂きます。

<買取についての詳細はこちらから>