辻清明

Seimei Tsuji

辻清明 1927(昭和2)年~2008(平成20)年

 辻清明は東京都世田谷区に生まれました。
1939(昭和14)年から本格的な作陶を始めました。
1941(昭和16)年、姉・輝子と「辻陶器研究所」を設立しました。
1951(昭和26)年、「新工人協会」を設立しました。
1953(昭和28)年、光風会展で工芸賞を受賞しました。
1955(昭和30)年、東京都多摩市連光寺に築窯しました。
1957(昭和32)年、現代生活工芸展審査員に就任しました。
1963(昭和38)年、「緑釉布目板皿」がアメリカ・ホワイトハウスに収蔵されました。
壺がフランス・ギメイ美術館に収蔵されました。
1964(昭和39)年、日本陶磁協会賞を受賞しました。
1965(昭和40)年、「信楽自然釉壷」がアメリカ・インディアナ大学美術館に収蔵されました。
1970(昭和45)年、「球と方形の対話(陶筥一対)」が東京国立近代美術館に買い上げられました。
1973(昭和48)年、作品がアメリカ・アートコンプレックス美術館、
イタリア・ファエンツァ陶芸博物館に収蔵されました。
1983(昭和58)年、日本陶磁協会金賞を受賞しました。
1990(平成2)年、藤原啓記念賞を受賞しました。
2006(平成18)年、東京都名誉都民となりました。
若くして板谷波山や富本憲吉の薫陶を受け、
自然釉を活かした信楽焼を中心に伊賀焼や唐津焼を制作しました。
世界的に高い評価を受けています。