田能村竹田

Chikuden Tanomura

田能村竹田 1777(安永6)年~1835(天保6)年

 田能村竹田は豊後国(現:大分県)直入郡竹田村の岡藩医・田能村碩庵の次男として生まれました。
幼名を磯吉、名を孝憲、字を君彜、通称を玄乗・行蔵、
号を竹田・花竹幽窓主人・秋心・九畳仙史・竹田老圃・竹田邨民・随縁居士・紅荳詞人・補拙廬・
雪月書堂・田舎児・藍水狂客・九峯無戒衲子・三我主人・西野小隠・秋声館主人といいます。
「竹田」は生まれ育った地名に由来します。
11歳で藩校の由学館へ入学して学問を専攻し、詩画に対する才能を認められました。
兄が病死した事で医業に携わりますが、その後に医を廃して由学館で教育に当たりました。
唐橋君山や伊藤鏡河に師事し、藩命により『豊後国志』の編纂に当たります。
その関係で江戸に滞在し、画を谷文晁に師事する等、広く交流の糸口を持ちました。
1805(文化2)年、眼病治療を兼ねて京坂に遊び、文人仲間に恵まれて深い感化を受けました。
藩政改革の建白書が数度に亘って退けられたのを機に1813(文化10)年に辞職しました。
その後は村瀬栲亭、木村巽斎、紀梅亭、浦上玉堂、岡田米山人、上田秋成、頼山陽、
青木木米等の著名な文人墨客と広く交流して詩画に専念しました。
南画では淵野真斎や渡辺蓬島に師事し、
中国画法を翻案した独自の様式と境地を確立して、
豊後南画隆盛の嚆矢となりました。
田能村直入、高橋草坪、帆足杏雨等の俊才を育成し、日本南画界の最高峰を極めています。
代表作に『船窓小戯帳』、『亦復一楽帖』、『松巒古寺』等の著名な絵画を残した他、
『山中人饒舌』、『石山斎茶具図譜』、『竹田荘師友画録』等の画論や、
『竹田荘泡茶訣』、『竹田荘茶説』等の小論、文人趣味に溢れる著作が知られています。
煎茶道への寄与が大きく、煎茶隆盛の立役者としてその名声を保っています。