滝口加全

Kazen Takiguchi

滝口加全 1872(明治5)年~1940(昭和15)年

 滝口加全は石川県に生まれました。
1890(明治23)年、京都で12代永樂善五郎(和全)に師事しました。
和全より「加全」の号を授かりました。
この号は加賀の「加」と和全の「全」を示しています。
1897(明治30)年に京都五条坂で独立し、永樂一族の娘と結婚しました。
1904(明治37)年、山中温泉の永寿窯に招かれて轆轤師として腕を揮いました。
1917(大正6)年、大聖寺の秋塘窯に招かれました。
1920(大正9)年に大聖寺山ノ下に築窯し、
1929(昭和4)年に本窯を構えました。
本窯を構えるまで素地は石川県加賀市栄谷の松田窯で焼成したとされています。
中国古陶磁、仁清、乾山の写しを得意とし、「錦城焼」と称しました。