竹久夢二

Yumeji Takehisa

竹久夢二 1884(明治17)年~1934(昭和9)年

 竹久夢二は代々酒造業を営む家の次男として岡山県に生まれました。
本名を茂次郎といいます。
1900(明治33)年に父が家業の造り酒屋を畳んで操業間近な八幡製鉄所に職を求めた為、
一家で北九州市八幡東区枝光に転居しました。
茂次郎もしばらく八幡製鉄所に勤めました。
1901(明治34)年、家出して単身上京しました。
1902(明治35)年、早稲田実業学校専攻科に入学しました。
1905(明治38)年、荒畑寒村の紹介で平民社発行の『直言』にコマ絵が掲載されました。
『中学世界』に『筒井筒』が第一賞入選しました。
この時に初めて「夢二」を名乗りました。
早稲田実業学校専攻科を中退しました。
1906(明治39)年、童話雑誌『少年文庫』の挿絵を描きました。
1907(明治40)年、岸たまきと結婚しました。
たまきをモデルに「夢二式美人」が生まれました。
読売新聞社に入社して時事スケッチを担当しました。
平民新聞にて「幽冥路」の筆名を用いてコマ絵や川柳を発表しました。
1909(明治42)年、たまきと協議離婚しました。
最初の著書『夢二画集‐春の巻‐』を刊行し、ベストセラーとなりました。
1911(明治44)年、月刊『夢二 エハガキ』を発売しました。
1912(明治45)年、雑誌『少女』誌上に「さみせんぐさ」の筆名で『宵待草』原詩を発表しました。
1913(大正2)年、絵入り小唄集『どんたく』を刊行し、一節に『宵待草』を発表しました。
1914(大正3)年、日本橋呉服町に「港屋絵草紙店」を開店して生活の芸術家を図りました。
来店した笠井彦乃と出会いました。
1915(大正4)年、婦人之友社より雑誌『子供之友』、『新少女』を刊行しました。
絵画主任として挿絵を描き始めました。
1916(大正5)年、セノオ楽譜『お江戸日本橋』の表紙画を作画しました。
東京を離れ、京都・二寧坂に転居しました。
1917(大正6)年に『宵待草』に宮内省雅楽部のバイオリニスト・多忠亮が曲を付け、
芸術座音楽会で発表しました。
1918(大正7)年、『宵待草』をセノオ楽譜から刊行して全国的なヒットとなります。
1919(大正8)年、寄宿先の本郷・菊富士ホテルでモデルのお葉を紹介されました。
1920(大正9)年、『長崎十二景』、『女十題』のシリーズを制作しました。
1923(大正12)年、都新聞に自作自画長篇小説『岬』を連載しました。
都新聞に『東京災難画信』を連載しました。
1924(大正13)年、都新聞に絵画小説『秘薬紫雪』、『風のやうに』を連載しました。
東京都世田谷区松原に自ら設計したアトリエ兼住居「少年山荘(山帰来荘)」を建設しました。
雑誌『婦人グラフ』に掲載する為の表紙絵や口絵用に、
浮世絵技法による新版画の木版画『秋のしらべ』等を発表しました。
1927(昭和2)年、『都新聞』に自伝絵画小説『出帆』を連載しました。
1934(昭和9)年、最後の装幀本『祇園囃子』が刊行されました。
結核を患って逝去しました。
墓碑には有島生馬による揮毫「竹久夢二を埋む」が刻まれています。
画壇に属さなかった夢二は日本の郷愁と西欧のモダニズムを自在に表現した作風で、
日本画、水彩画、油彩画、木版画等の制作を行いました。
文筆の分野でも詩、歌謡、童話等を創作しており、
中でも詩『宵待草』には曲が付けられて全国的な愛唱曲となりました。
数多くの美人画を残した抒情的な作品は「夢二式美人」と呼ばれ、
大正ロマンを象徴する存在として高く評価されており、
「大正の浮世絵師」とも称されました。
多くの書籍の装幀、広告宣伝物、日用雑貨、浴衣等のデザインも手掛けており、
日本の近代グラフィックデザイナーの先駆者として揺るぎない地位を確立しています。