武腰潤

Jun Takegoshi

武腰潤 1948(昭和23)年生

 武腰潤は3代武腰泰山の長男として石川県に生まれました。
1970(昭和45)年、金沢美術工芸大学日本画科を卒業しました。
1974(昭和49)年、日展評議員に就任しました。
北出不二雄に師事しました。
1978(昭和53)年、日本新工芸家連盟に参加しました。
1981(昭和56)年、日本新工芸展で新工芸賞を受賞しました。
1982(昭和57)年、現代美術展で最高賞を受賞しました。
1984(昭和59)年、日本新工芸家連盟会員となりました。
1985(昭和60)年、石川県美術作家選抜展委嘱となりました。
1986(昭和61)年、明日を開く日本新工芸展で箱根彫刻の森美術館賞を受賞しました。
現代美術出品委嘱作家、日展会友に推挙されました。
1987(昭和62)年、日本新工芸展審査員に就任しました。
伝統九谷焼工芸展で優秀賞を受賞しました。
1988(昭和63)年、新工芸オーストラリア選抜展の出品作品が外務省に買い上げられました。
明日を開く日本新工芸展で大賞を受賞しました。
1991(平成3)年、日展で特選を受賞しました。
伝統九谷焼工芸展で大賞を受賞しました。
1994(平成6)年、日展で特選を受賞しました。
1996(平成8)年、伝統九谷焼工芸展で大賞を受賞しました。
日展委嘱となりました。
1997(平成9)年、伝統九谷焼工芸展で20周年記念大賞を受賞しました。
1998(平成10)年、3代徳田八十吉に師事しました。
1999(平成11)年、NHK主催の日本の工芸(今)百選展に選抜されました。
石川県指定無形文化財に認定されました。
2001(平成13)年、日本工芸会正会員となりました。
作品がメトロポリタン美術館、エール大学美術館に収蔵されました。
2002(平成14)年、日本伝統工芸展で朝日新聞社賞を受賞しました。
2004(平成16)年、日本伝統工芸展で奨励賞を受賞しました。
2006(平成18)年、日本陶磁協会賞を受賞しました。
2007(平成19)年、日本伝統工芸展鑑査委員に就任しました。
2009(平成21)年、石川テレビ賞を受賞しました。
2011(平成23)年、日本伝統工芸陶芸部会展審査員に就任しました。
息を飲む程の清冽な色彩で描き出される絵付けには気品と趣があり、
「平成の古九谷」というテーマを基に懐古に頼らない作風を確立し、
現代九谷を代表する巨匠として高い評価を受けています。