杉本貞光

Sadamitsu Sugimoto

杉本貞光 1935(昭和10)年生

 杉本貞光は東京に生まれました。
1968(昭和43)年、信楽山中に穴窯を築窯しました。
1970(昭和45)年、天門美術館・長池田遊子より造形の指導を受けました。
1974(昭和49)年、大徳寺511世大亀宗雄に師事しました。
茶陶信楽の研究制作を行いました。
沖縄海洋博にレリーフを制作しました。
1976(昭和51)年、大亀宗雄より「寺垣外窯」と命名されました。
1979(昭和54)年、茶陶伊賀の研究制作を行いました。
1981(昭和56)年、長次郎風の黒茶碗、光悦風の赤茶碗の研究制作を行いました。
1985(昭和60)年、高麗物、井戸、粉引の研究制作を行いました。
1992(平成4)年、作品が吉兆・湯木美術館に収蔵されました。
1994(平成6)年、作品がアメリカのエール大学美術館に収蔵されました。
1995(平成7)年、自然灰釉による彫塑の制作を行いました。
1997(平成9)年、施釉による彫塑の制作を行いました。
1999(平成11)年、古信楽の土を発見しました。
2002(平成14)年、「井戸茶碗」が京都・建仁寺晋山記念として収蔵されました。
2005(平成17)年、作品が滋賀県立陶芸の森陶芸館に収蔵されました。
2006(平成18)年、伊賀焼専用の穴窯を築窯しました。
2007(平成19)年、志野、織部の制作が完成しました。
2008(平成20)年、作品がアメリカのクラーク日本美術・文化研究センター館に収蔵されました。
2014(平成26)年、建仁寺487世小堀泰巌より「玄覚貞光」の戒名を授かりました。
大徳寺の高僧・大亀宗雄に師事して桃山陶の美を追求し、
長次郎、光悦、信楽、伊賀、美濃等の幅広いジャンルで高い評価を確立しています。
海外でも積極的に個展を開き、
世界的な芸術家として活躍しています。