清水公照

Kosho Shimizu

清水公照 1911(明治44)年~1999(平成11)年

清水公照は兵庫県姫路市に生まれました。
本名を睦治、号を泥仏庵、異名を今良寛といいます。
1927(昭和2)年、東大寺塔頭・宝厳院に入寺しました。
清水公俊の下で僧名「公照」となりました。
1933(昭和8)年、龍谷大学文学部仏教学科を卒業しました。
天龍寺の関精拙の下で参禅しました。
1937(昭和12)年、東大寺塔頭・龍蔵院、上生院住職に就任しました。
1946(昭和21)年、東大寺塔頭・宝厳院住職に就任しました。
1947(昭和22)年、青々中学校(現:東大寺学園)を創設して校長に就任しました。
書道教師を兼任しました。
1959(昭和34)年、東大寺勧学院院長に就任しました。
1963(昭和38)年、東大寺学園幼稚園園長、女子学院院長に就任しました。
この頃より「泥仏」と称されるユニークな仏像を制作しました。
1969(昭和44)年、華厳宗宗務長、東大寺執事長、学校法人東大寺学園理事長に就任しました。
1971(昭和46)年、大仏殿昭和大修理の活動を始めます。
1975(昭和50)年、大僧正、華厳宗管長、東大寺207世別当に就任しました。
1978(昭和53)年、東大寺208世別当に再任しました。
1980(昭和55)年、大仏殿昭和大修理を完成しました。
落慶大法要を営みました。
1981(昭和56)年、東大寺長老に就任しました。
仏教伝道文化賞を受賞しました。
1993(平成5)年、姫路市芸術文化賞芸術文化大賞を受賞しました。
1994(平成6)年、姫路市書写の里・美術工芸館が開館して名誉館長に就任しました。
大仏殿昭和大修理があった為に異例となる東大寺別当を二期務め、
約50億円もの資金を要した大偉業を成し遂げました。
書画や泥仏を始めとする陶芸作品も著名で、
自由闊達で味わい深い独特の作風に特徴があります。


清水公照の高価買取しています

長年培ってきたキャリアと豊富な取引経験を活かし、
お客様目線に立った最善のご提案をお約束させて頂きます。
ご満足頂けます事を第一として、
最後まで誠心誠意、責任を持って承らせて頂きます。

<買取についての詳細はこちらから>