千漢鳳

Kanpo Sen

千漢鳳 1933(昭和8)年生

千漢鳳は東京都に生まれました。
終戦で韓国に帰り、
1948(昭和23)年に慶尚北道聞慶の民窯に入門しました。
1972(昭和47)年、「聞慶窯」を開窯しました。
1975(昭和50)年、加藤唐九郎に師事しました。
1978(昭和53)年、佐賀県立博物館より特別ゲストとして招かれました。
1982(昭和57)年、大韓民国郷土文化大賞を受賞しました。
1990(平成2)年、盧大統領訪日に際して皇室への贈呈碗を制作しました。
1995(平成7)年、大韓民国陶芸名匠に認定されました。
大統領表彰を受けました。
1996(平成8)年、慶尚北道聞慶大賞を受賞しました。
伝統技法を受け継いで茶器制作に取り組む高麗茶碗の名手です。
ペ・ヨンジュンの陶芸の師としても知られています。


千漢鳳の買取しています

長年培ってきたキャリアと豊富な取引経験を活かし、
お客様目線に立った最善のご提案をお約束させて頂きます。
ご満足頂けます事を第一として、
最後まで誠心誠意、責任を持って承らせて頂きます。

<買取についての詳細はこちらから>