野坂康起

Koki Nosaka

野坂康起 1931(昭和6)年生

 野坂康起は三重県に生まれました。
1949(昭和24)年、三重県窯業研修所を修了しました。
日根野作三の勧めで岐阜県多治見市の上山製陶所(定窯研究室)に入所しました。
上山の友人として荒川豊蔵を紹介され、
1951(昭和26)年、水月窯で荒川豊蔵の薫陶を受けました。
1953(昭和28)年、岐阜県土岐市の小谷陶磁研究所創設に助手として参加しました。
1958(昭和33)年、萩焼窯元・野坂家(野坂江月窯)の婿養子となりました。
山口県美術展で第二席を受賞しました。
1971(昭和46)年、山口県芸術文化振興奨励賞を受賞しました。
1972(昭和47)年、山口県美術展審査員に就任しました。
1984(昭和59)年、日本工芸会山口支部展で受賞しました。
1989(平成元)年、日本工芸会山口支部展で支部長賞を受賞しました。
1990(平成2)年、日本工芸会正会員となりました。
1991(平成3)年、山口県選奨(芸術文化功労)を受賞しました。
1997(平成9)年、日本工芸会山口支部20周年記念大賞を受賞しました。
2000(平成12)年、日本工芸会山口支部展NHK賞を受賞しました。
2002(平成14)年、山口県指定無形文化財に認定されました。
2005(平成17)年、中国文化賞を受賞しました。
2008(平成20)年、旭日双光章を受章しました。
「伊羅保の野坂」と呼ばれるように伊羅保の製陶を得意とし、
その卓越した技術や実績は高く評価されています。
茶陶、壷、食器等の多様なレパートリーにおいて作陶活動を展開しています。