西村徳泉

Tokusen Nishimura

初代 西村徳泉

 初代西村徳泉は江戸後期の名工・4代海老屋清兵衛に師事し、
後に京都五条坂に開窯しました。

2代 西村徳泉

3代 西村徳泉 1928(昭和3)年~2007(平成19)年

 3代西村徳泉は2代西村徳泉の子として京都に生まれました。
本名を徳一といいます。
2代西村徳泉、楠部彌弌、6代清水六兵衛に師事しました。
1971(昭和46)年、京都五条坂より宇治市炭山に京焼登窯を移築しました。
大徳寺509世桂堂紹昌老師より「紫翠」の窯名を授かりました。
1975(昭和50)年、「金襴手祥瑞茶碗」を常陸宮家に献上しました。
1977(昭和52)年、伝産法制定により伝統工芸士の認定を受けました。
1984(昭和59)年、通産省より伝統的工芸品産業の振興貢献により表彰を受けました。
1985(昭和60)年、「色絵茶碗」をウィーン市と市長に寄贈しました。
1988(昭和63)年に京都市長より特別講師として京焼の振興、
後継者育成功労により感謝状を受けました。
1989(平成元)年、「金銀彩菊花文茶碗一双」と「金襴手鳳凰文茶碗」を三笠宮家に献上しました。
1992(平成4)年、京都府知事より伝統産業優秀技術者として「現代の名工」に認定されました。
1995(平成7)年、常陸宮両殿下御印の「金銀彩茶碗一双」と「色絵鳥香合」を献上しました。
1996(平成8)年、ロンドンでエリザベス女王陛下に祥瑞茶碗で呈茶の光栄に浴しました。
1997(平成9)年、伝統的工芸品産業振興功労により勲七等青色桐葉章を受章しました。
2002(平成14)年、京都市長より京焼の技術支援功労により感謝状を授かりました。

4代 西村徳泉 1937(昭和12)年生

 4代西村徳泉は2代西村徳泉の子として京都に生まれました。
兄・3代西村徳泉や6代清水六兵衛に師事しました。
2007(平成19)年、4代西村徳泉を襲名しました。