中村六郎

Rokuro Nakamura

中村六郎 1914(大正3)年~2004(平成16)年

 中村六郎は岡山県備前市伊部に生まれました。
終戦までは会社勤めをしていましたが、
1945(昭和20)年より金重陶陽に師事しました。
1961(昭和36)年、「六郎窯」を築窯して独立しました。
1986(昭和61)年、伝統工芸士に認定されました。
岡山日日新聞賞を受賞しました。
1989(平成元)年、勲七等青色桐葉章を受章しました。
こよなく酒を愛した底無しの大酒飲みとして知られており、
中村六郎の仕事の魅力は魂の自由さを感じさせるところにあります。
飲み手の心を知り尽くした飾らない人柄がそのまま作品に映し出されており、
「徳利の六郎」と呼ばれるように酒器においては他の追随を許さない第一の名手です。