松枝不入

Funyu Matsugae

松枝不入

 松枝不入は尾張国(美濃国とも)の出自とされる江戸後期の塗師です。
号を不入・一声庵・無塵庵、通称を神楽岡不入といいます。
出雲国松江藩7代藩主・松平不昧の知遇を得ましたが、
生涯一度も松江には赴かなかった為、
「松江に入らず」の意で「不入」の号を賜りました。
作品は乾漆や象嵌等を併用した茶味のある物が多いです。
晩年は京都・神楽岡に隠棲しました。