黒田正玄

Shogen Kuroda

 黒田正玄は千家の正統的な茶道具を制作する千家十職の一家(竹細工・柄杓師)です。
製品は柄杓、台子、香合、花入等を始めとした竹細工全般に及び、
家元茶杓の下削りも手掛けています。
明治維新に至るまで将軍家御用柄杓師を務めました。

初代 黒田正玄 1578(天正6)年~1653(承応2)年

 初代黒田正玄は越前国黒田郡の出身で、
名を七郎左衛門(後に正玄)、俗称を日参正玄といいます。
当地の丹羽長重に仕えますが、
長重が関ヶ原の戦いで改易された為、
剃髪して「正玄」と改名し、
近江国大津で竹細工を業としました。
天下一と称されていた一阿弥に師事したとされています。
後に上京して小堀遠州に茶の湯を学び、
その推挙で将軍家御用柄杓師を務めました。
茶の習得に遠州に日参した為、「日参正玄」と呼ばれました。
大徳寺156世江月宗玩に参禅した事でも知られています。

2代 黒田正玄 1626(寛永3)年~1687(貞享4)年

 2代黒田正玄は初代黒田正玄の三男として生まれました。
名を宗正(後に正玄)といいます。
小堀遠州の推挙で3代将軍・徳川家光の御用柄杓師を務めました。

3代 黒田正玄 1656(明暦2)年~1717(享保2)年

 3代黒田正玄は2代黒田正玄の長男として生まれました。
名を弥助(後に正玄)、号を正斎といいます。
5代将軍・徳川綱吉の御用柄杓師、
表千家6代覚々斎宗左、久田家3代徳誉斎宗全の御用を務めました。
1704(宝暦元)年、長男・弥吉に家督を譲って隠居し、「正斎」と号しました。

4代 黒田正玄 1692(元禄5)年~1731(享保16)年

 4代黒田正玄は3代黒田正玄の長男として生まれました。
名を弥吉(後に正玄)といいます。
5代徳川綱吉の御用柄杓師、表千家6代覚々斎宗左の御用を務めました。
この代より千家職家となりました。

5代 黒田正玄 1708(宝永5)年~1778(安永7)年

 5代黒田正玄は4代黒田正玄の養子です。
名を才次郎(後に正玄)といいます。
8代徳川綱吉の御用柄杓師、表千家7代如心斎宗左、裏千家8代一燈宗室、
武者小路千家7代直斎宗守の御用を務めました。

6代 黒田正玄 1747(延享4)年~1814(文化11)年

 6代黒田正玄は5代黒田正玄の次男として生まれました。
幼名を正次郎、名を弥吉(後に正玄)、号を弄竹斎・玄同といいます。
10代徳川家治の御用柄杓師、表千家8代啐啄斎宗左、裏千家9代石翁宗室、
武者小路千家8代休翁宗守の御用を務めました。
上京町年寄を務めました。

7代 黒田正玄 1768(明和5)年~1819(文政2)年

 7代黒田正玄は6代黒田正玄の養子です。
幼名を弥三郎、名を弥吉(後に正玄)といいます。
11代徳川家斉の御用柄杓師、表千家9代了々斎宗左、裏千家10代認徳斎宗室、
武者小路千家9代好々斎宗守の御用を務めました。
上京町年寄を務めました。

8代 黒田正玄 1809(文化6)年~1869(明治2)年

 8代黒田正玄は7代黒田正玄の長男として生まれました。
幼名を熊吉、名を弥吉(後に正玄)といいます。
12代徳川家慶の御用柄杓師を務めましたが、
明治維新によって将軍家の庇護を失いました。

9代 黒田正玄 1837(天保8)年~1859(安政6)年

 9代黒田正玄は8代黒田正玄の養子です。
幼名を弥一郎、名を弥吉といいます。
早世しました。

10代 黒田正玄 1825(文政8)年~1900(明治33)年

 10代黒田正玄は8代黒田正玄の婿養子です。
名を利助(後に正玄)といいます。
9代黒田正玄が早世した為、
師・8代黒田正玄の養子となって10代黒田正玄を襲名しました。
1881(明治14)年、長男・熊吉に家督を譲って隠居しました。
次男・宗伝も家業に従事しました。

11代 黒田正玄 1869(明治2)年~1911(明治44)年

 11代黒田正玄は10代黒田正玄の長男として生まれました。
名を熊吉(後に正玄)といいます。
表千家11代碌々斎宗左、裏千家12代又玅斎宗室、
武者小路千家11代一叟宗守の御用を務めました。
1881(明治14)年、11代黒田正玄を襲名しました。

12代 黒田正玄 1906(明治39)年~1973(昭和48)年

 12代黒田正玄は11代黒田正玄の長男として生まれました。
名を久万吉(後に正玄)といいます。
父が逝去した時に未だ幼少であった為、
黒田常次郎が後見となりました。

13代 黒田正玄 1936(昭和11)年~2017(平成29)年

 13代黒田正玄は本名を正春といいます。
1966(昭和41)年、13代黒田正玄を襲名しました。

14代 黒田正玄 1967(昭和42)年生

 14代黒田正玄は13代黒田正玄の長女として生まれました。
本名を益代といいます。
2014(平成26)年、14代黒田正玄を襲名しました。