高鶴元

Gen Kozuru

高鶴元 1938(昭和13)年生

 高鶴元は高鶴夏山の長男として福岡県に生まれました。
1957(昭和32)年、佐賀県立有田工業高校窯業科を卒業しました。
1961(昭和36)年、西日本工芸展で福岡県教育委員長賞を受賞しました。
1965(昭和40)年、独立して築窯しました。
1968(昭和43)年、日本伝統工芸展で日本工芸会会長賞を受賞しました。
1969(昭和44)年、日本伝統工芸展で日本工芸会会長賞を受賞しました。
日本工芸会会員となりました。
1975(昭和50)年、日本陶磁器協会賞を受賞しました。
1980(昭和55)年、ハーバード大学ヴィジティング・フェローとして渡米しました。
以後はボストン郊外に築窯して日米両国で創作活動を展開しています。
天性の構成力を発揮した豪快なオブジェから茶陶まで幅広く手掛け、
国際的に活躍しています。