加藤孝造

Kozo Kato

加藤孝造 1935(昭和10)年生

加藤孝造は岐阜県瑞浪市に生まれました。
少年時代は郷土出身の彫刻家・市之瀬広太達が開いた「竜門陶舎」で絵画・彫刻を学びました。
1951(昭和26)年に岐阜県立多治見工業高校を卒業後、
岐阜県陶磁器試験場に研究生として入場しました。
1953(昭和28)年、5代加藤幸兵衛に師事しました。
1955(昭和30)年、岐阜県陶磁器試験場主任技師に就任しました。
日展の洋画部門で最年少入選を果たして絵画と陶芸の進路で悩みますが、
加藤幸兵衛の影響から陶芸の道を歩みました。
1959(昭和34)年、現代日本陶芸展で第三席を受賞しました。
1966(昭和41)年、日本工芸会正会員となりました。
1967(昭和42)年、朝日陶芸展で優秀賞を受賞しました。
1968(昭和43)年、日本伝統工芸展で優秀賞を受賞しました。
1969(昭和44)年、東海伝統工芸展で最高賞を受賞しました。
1970(昭和45)年、多治見市星ヶ台に築窯して独立しました。
荒川豊蔵に師事して多大な影響を受けました。
朝日陶芸展審査員に就任しました。
1973(昭和48)年、可児市久々利に移窯しました。
1975(昭和50)年、中日国際陶芸展評議員に就任しました。
1983(昭和58)年、加藤幸兵衛賞を受賞しました。
東海伝統工芸展鑑査員、日本工芸会東海支部幹事に就任しました。
1984(昭和59)年、中日国際陶芸展審査員に就任しました。
1985(昭和60)年、日本陶磁協会賞、岐阜日々新聞社賞を受賞しました。
1986(昭和61)年、中日国際陶芸展審査員に就任しました。
1990(平成2)年、美濃陶芸協会会長に就任しました。
岐阜県文化懇話会員となりました。
1991(平成3)年、多治見市無形文化財に認定されました。
1994(平成6)年、東海テレビ文化賞を受賞しました。
多治見市役所ロビーに陶壁「濤」を制作しました。
1995(平成7)年、瑞浪小学校ロビーに陶壁「風魂」を制作しました。
岐阜県重要無形文化財に認定されました。
1996(平成8)年、日本陶芸秀作海外巡回展招待出品者に選択されました。
1997(平成9)年、美濃陶芸協会名誉会長に就任しました。
1998(平成10)年、岐阜県芸術文化顕彰を受けました。
中日文化賞を受賞しました。
1999(平成11)年、後進育成の為に私財を投じ、「風塾」を創設しました。
2002(平成14)年、国際陶磁器フェスティバル美濃審査員に就任しました。
2003(平成15)年、織部賞を受賞しました。
岐阜県文化財保護審議会委員、岐阜県現代陶芸美術館協議会会長に就任しました。
2005(平成17)年、地域文化功労者表彰(文部科学大臣表彰)を受けました。
岐阜県陶磁資料館顧問に就任しました。
2007(平成19)年、紺綬褒章を受章しました。
2008(平成20)年、日本陶磁協会賞金賞を受賞しました。
2009(平成21)年、岐阜県各界功労者表彰を受けました。
伝統文化ポーラ賞優秀賞を受賞しました。
2010(平成22)年、重要無形文化財「瀬戸黒」の保持者(人間国宝)に認定されました。
荒川豊蔵や加藤幸兵衛に師事し、
徹底した職人気質で美濃桃山陶の伝統を守り伝えています。
他の追随を許さない卓越した作風は「孝造黒」、「孝造志野」と呼ばれ、
穏やかな佇まいの中に独自の芸術性を見る事ができます。
美濃陶芸の次世代を担う陶芸家を育成する「風塾」を創設する等、
後進の育成にも尽力しています。


加藤孝造の高価買取しています

長年培ってきたキャリアと豊富な取引経験を活かし、
お客様目線に立った最善のご提案をお約束させて頂きます。
ご満足頂けます事を第一として、
最後まで誠心誠意、責任を持って承らせて頂きます。

<買取についての詳細はこちらから>