金谷五良三郎

Gorosaburo Kanaya

金谷五良三郎は京都を代表する錺鋳物師です。
初代金屋五郎三郎は屋号を「金屋」と称して銅器着色法を工夫し、
緋銅色は特に称賛を博して「五良三色」と謳われるようになりました。
豊臣秀吉に命ぜられて茶道用火鉢を「五良三郎色」で造ったところ、
大いに賞美を受けて比類ない誉を得ました。
以後、家伝の秘術として歴代相伝に受け継がれていきます。
8代金屋五良三郎は尾州徳川公の御用達となって寵遇を受け、
「五良三」と言えば銅器の別称とさえなりました。
9代金谷五良三郎は歴代中の名匠で斯業振興に尽力しました。
内外博覧会で多くの賞牌を受け、
この代に故あって「金屋」を「金谷」と改めました。
11代金谷五良三郎は「金谷五良三郎」の商標登録を受けました。

初代 金屋五良三郎(道円) 1581(天正9)年~1668(寛文8)年

2代 金屋五良三郎(日随) 生年不詳~1716(享保元)年

3代 金屋五良三郎(即円) 生年不詳~1778(安永7)年

4代 金屋五良三郎(円心) 生年不詳~1771(明和8)年

5代 金屋五良三郎(一良) 生年不詳~1816(文化13)年

6代 金屋五良三郎(宗円) 生年不詳~1824(文政7)年

7代 金屋五良三郎(一乗) 生年不詳~1847(弘化4)年

8代 金屋五良三郎(日円) 生年不詳~1873(明治6)年

9代 金谷五良三郎(良器) 生年不詳~1889(明治22)年

10代 金谷五良三郎(日祐) 生年不詳~1901(明治34)年

11代 金谷五良三郎(道器) 生年不詳~1928(昭和3)年

12代 金谷五良三郎(常行) 生年不詳~1946(昭和21)年

13代 金谷五良三郎(作善) 生没年不詳

14代 金谷五良三郎(鷹司) 1932(昭和7)年生

 14代金谷五良三郎は13代金谷五良三郎の長男として生まれました。
1989(平成元)年、14代金谷五良三郎を襲名しました。

15代 金谷五良三郎 1940(昭和15)年生

 15代金谷五良三郎は13代金谷五良三郎の子として京都に生まれました。
2005(平成17)年、15代金谷五良三郎を襲名しました。
2006(平成18)年、京都府伝統産業優秀技術者表彰を受けました。