鎌田幸二

Koji Kamada

鎌田幸二 1948(昭和23)年生

 鎌田幸二は京都府に生まれました。
1966(昭和41)年、京都府立桃山高等学校を卒業しました。
1968(昭和43)年、五条坂・清水正の指導を受けました。
1971(昭和46)年、京都府立陶工訓練校専攻科を修了しました。
京都府立陶工訓練校指導員(京都府技師)に就任しました。
五条坂共同登窯「鐘鋳窯」で天目の研究を始めました。
1976(昭和51)年、日本工芸会正会員となりました。
1982(昭和57)年、鐘鋳窯が休止した事で自宅にガス炉を築窯しました。
1987(昭和62)年、日本工芸会近畿支部展で京都府教育委員会委員長賞を受賞しました。
1988(昭和63)年に重要無形文化財「鉄釉陶器」伝承者養成研修会で、
清水卯一の薫陶を受けました。
1990(平成2)年、日本煎茶工芸協会会員となりました。
1994(平成6)年、「窯変銀漿天目飾壺」と「翠青天目紅彩大鉢」が京都府に収蔵されました。
2004(平成16)年、「曜変油滴天目茶碗」がメトロポリタン美術館に買い上げられました。
2007(平成19)年、日本工芸会陶芸部会新作陶芸展審査委員に就任しました。
天目の神秘的な魅力に強く惹かれて研鑽を重ね、
凛とした品位と深見のある温かさを兼ね備えた「鎌田天目」を造り上げました。
熟練した轆轤技術による端正で格調高い造形に加え、
一貫して天目に取り組む斯界の第一人者として高い評価を受けています。
独特の色合いや結晶の煌きは試行錯誤を繰り返す中で育まれたものです。
ある程度の仕上がり予測を立てる事はできますが、
特有の結晶の輝きは焼成環境によって大きく変化する為、
納得のいく作品が生まれるまでには忍耐と手間暇が課せられます。