隠崎隆一

Ryuichi Kakurezaki

隠崎隆一 1950(昭和25)年生

 隠崎隆一は長崎県福江市に生まれました。
1973(昭和48)年に大阪芸術大学を卒業してグラフィックデザイナーの道に進みますが、
1977(昭和52)年に陶芸を志して岩本修一に師事しました。
1979(昭和54)年、備前陶芸センターを修了し、伊勢崎淳に師事しました。
1982(昭和57)年、岡山県美術展で山陽新聞社賞を受賞しました。
1983(昭和58)年、岡山県美術展で山陽新聞社賞を受賞しました。
1985(昭和60)年、岡山県邑久郡長船町に登窯を築窯して独立しました。
1986(昭和61)年、一水会陶芸展で一水会賞を受賞しました。
1987(昭和62)年、田部美術館大賞「茶の湯の造形展」で優秀賞を受賞しました。
1988(昭和63)年、田部美術館大賞「現代茶の湯の造形展」で大賞を受賞しました。
1989(平成元)年、岡山県美術展委嘱作家となりました。
陶芸ビエンナーレ’89で受賞しました。
岡山県美術展で山陽新聞社賞を受賞しました。
1990(平成2)年、日本工芸会正会員となりました。
一水会陶芸展で一水会賞を受賞しました。
1992(平成4)年、田部美術館大賞「現代茶の湯の造形展」で大賞を受賞しました。
1993(平成5)年、草月会「花の器展」で奨励賞を受賞しました。
田部美術館大賞「茶の湯の造形展」で優秀賞を受賞しました。
1995(平成7)年、MOA岡田茂吉賞優秀賞を受賞しました。
1996(平成8)年、日本陶磁協会賞を受賞しました。
1997(平成9)年、岡山県美術展で山陽新聞社大賞を受賞しました。
素材と独自の表現を追求した現代感覚溢れる造形力で注目を集め、
備前焼の新しい在り方を示した人気作家として高く評価されています。