伊勢崎淳

Jun Isezaki

伊勢崎淳 1936(昭和11)年生

伊勢崎淳は伊勢崎陽山の次男として岡山県備前市に生まれました。
幼少より兄の伊勢崎満と共に父の指導を受けて陶技を学びます。
1959(昭和34)年に岡山大学教育学部特設美術科を卒業後、
父に師事して本格的に備前焼に取り組みました。
1961(昭和36)年、兄と姑耶山の古窯跡に備前で初めて中世の古窯(半地上下式穴窯)を復元しました。
1966(昭和41)年、日本工芸会正会員となりました。
1967(昭和42)年、姑耶山麓に自分で設計立案した窯と陶房を新築して独立しました。
1978(昭和53)年、岡山大学教育学部特設美術科の講師に就任しました。
1981(昭和56)年、金重陶陽賞を受賞しました。
1985(昭和60)年、清心学園百周年記念館に陶壁を制作しました。
1987(昭和62)年、田部美術館「茶の湯の造形展」で優秀賞を受賞しました。
1991(平成3)年、香川県坂出C・Cに石彫を設置しました。
1992(平成4)年、岡山市山陽病院藤崎苑に陶壁を制作しました。
1993(平成5)年、岡山県文化奨励賞を受賞しました。
1996(平成8)年、山陽新聞賞(文化功労賞)を受賞しました。
1998(平成10)年、日本工芸会理事、日本工芸会中国支部幹事長に就任しました。
兄と共に岡山県重要無形文化財に認定されました。
2002(平成14)年、新総理官邸の陶壁を制作しました。
2004(平成16)年、重要無形文化財「備前焼」の保持者(人間国宝)に認定されました。
岡山県三木記念賞を受賞しました。
2005(平成17)年、岡山県文化賞を受賞しました。
2006(平成18)年、山陽新聞社新社屋玄関ホールに陶壁を制作しました。
素材と窯の特徴を活かした現代的な感覚溢れる作風を持ち味とし、
極めて個性的な才能を読み取る事ができます。
備前の新しい分野開拓にも意欲的で茶陶、陶壁、オブジェ等、
伝統的なものから造形志向の作品にまで幅広く取り組んで真価を認められています。
重厚温和で若手作家達の信望も厚く、名実共に備前作家を代表する中心的人物です。