一瓢斎

Ippyosai

 一瓢家は京蒔絵の伝統技法を受け継ぐ名門です。

初代 一瓢斎

 本名を長兵衛といいます。

2代 一瓢斎

 本名を長兵衛といいます。

3代 一瓢斎

 本名を栄助といいます。

4代 一瓢斎

 1858(安政5)年~1936(昭和11)年
本名を栄助といいます。

5代 一瓢斎

 1881(明治14)年~1966(昭和41)年
本名を栄太郎といいます。

6代 一瓢斎

 1908(明治41)年~2001(平成13)年
本名を栄一郎といいます。

7代 一瓢斎

 1942(昭和17)年生
7代一瓢斎は6代一瓢斎の子として京都に生まれました。
本名を栄造といいます。
2001(平成13)年、7代一瓢斎を襲名しました。

一瓢良

 1971(昭和46)年生
一瓢良は7代一瓢斎の子として生まれました。
1997(平成9)年、豊橋技術科学大学大学院を卒業しました。
2002(平成14)年、京都伝統工芸大学校を卒業しました。
父と塗を酒井哲に師事しました。
2007(平成19)年、京もの認定工芸士に認定されました。
2015(平成27)年、京漆器伝統工芸士に認定されました。