平野遼

Ryo Hirano

平野遼 1927(昭和2)年~1992(平成4)年

 平野遼は大分県に生まれました。
本名を明といいます。
生後まもなくして福岡県八幡市に転居しました。
1950(昭和25)年、小倉の水野茂(水野古美術店)の次女・水野清子と知り合いました。
1953(昭和28)年、関西自由美術展で土井賞を受賞しました。
自由美術家協会展で優秀作家賞を受賞しました。
1954(昭和29)年、水野清子と結婚しました。
1956(昭和31)年、自由美術家協会展で佳作賞を受賞しました。
1957(昭和32)年、自由美術家協会展で佳作賞を受賞しました。
1958(昭和33)年、自由美術家協会会員に推挙されました。
1964(昭和39)年、「主体美術協会」を結成し、創立会員となりました。
1987(昭和62)年、西日本文化賞を受賞しました。
自己の眼や心に映るものを根源的な姿にまで掘り下げ、
突き詰めようとする孤独な研究を続けました。
そこには現実世界を見据えながら、
現象的なものに左右されない強固な自恃が潜んでいるようです。