東山魁夷

Kaii Higashiyama

東山魁夷 1908(明治41)年~1999(平成11)年

 東山魁夷は船具商を営んでいた東山浩介の次男として神奈川県横浜市に生まれました。
本名を新吉といいます。
1911(明治44)年、父の仕事の関係から一家で兵庫県神戸市に転居しました。
1921(大正10)年、兵庫県立第二神戸中学校(現:兵庫高等学校)に入学しました。
1926(大正15)年、東京美術学校(現:東京藝術大学)日本画科に入学しました。
信州を旅して山国の雄大な自然に強い感銘を受けます。
1931(昭和6)年に東京美術学校日本画家を卒業後、
研究科に進んで結城素明に師事し、「魁夷」と号しました。
東京美術学校の同窓生と研究グループ「六篠社」を結成しました。
1933(昭和8)年に東京美術学校研究科を修了後、
渡欧してベルリン大学外国人語学部でドイツ語を学びます。
1934(昭和9)年、ベルリン大学哲学科美術史部に入学しました。
1935(昭和10)年、父危篤の報に留学期間を断念して帰国しました。
1939(昭和14)年、日本画院展で「冬日」が日本画院賞第一席を受賞しました。
大日美術院展で大日美術院賞第二席を受賞しました。
新設された院僚に推挙されました。
1940(昭和15)年、日本画大展覧会で佳作賞を受賞しました。
日本画家の川﨑小虎の長女・すみと結婚しました。
日本画院展で「季節と高原」が日本画院賞第一席を受賞しました。
1941(昭和16)年、日本画院展で「自然と形象」が日本画院賞第一席を受賞しました。
1943(昭和18)年、美術団体「国士会」の結成に参加しました。
1945(昭和20)年、召集を受けて熊本の部隊に配属されました。
敗戦後は千葉県市川市に移住しました。
1947(昭和22)年に日展で「残照」が特選を受賞した事が転機となり、
以後は風景画家として独自の表現を追求しました。
1950(昭和25)年、東京美術学校卒業生有志による「六窓会」の結成に参加しました。
1954(昭和29)年、現代日本美術展で佳作賞を受賞しました。
1956(昭和31)年、日展の出品作品「光昏」が日本芸術院賞を受賞しました。
1960(昭和35)年、東宮御所の壁画「日月四季図」が完成しました。
1961(昭和36)年、皇居吹上御所の新築に当たり「萬緑新」を制作しました。
1965(昭和40)年、日本芸術院会員となりました。
日展理事に就任しました。
1969(昭和44)年、毎日芸術大賞を受賞しました。
文化勲章を受章しました。
文化功労者として顕彰を受けました。
1973(昭和48)年、幻想の白馬を主題とする連作を発表しました。
1974(昭和49)年、日展理事に就任しました。
1975(昭和50)年、エリザベス英女王の訪日に際して昭和天皇から贈られる「春の曙」を制作しました。
唐招提寺御影堂の第一期障壁画「山雲」、「濤声」が完成して奉納されました。
昭和天皇のアメリカ訪問に際してフォード米大統領に贈られる「夏山白雲」を制作しました。
1976(昭和51)年、西ドイツ大統領から功労大十字勲章を受章しました。
1977(昭和52)年、パリ日本大使館大使公邸に「青い谷」を制作しました。
1978(昭和53)年にパリで詩画集『コンコルド広場の椅子』原画展が開催され、
シラク・パリ市長から金牌を授かりました。
1980(昭和55)年、第二期障壁画「黄山暁雲」、「揚州薫風」、「桂林月宵」が完成して奉納されました。
1981(昭和56)年、唐招提寺鑑真和上像厨子絵「瑞光」を奉納しました。
1984(昭和59)年、日展顧問に就任しました。
西ドイツのプール・ル・メリット学術・学芸員の外国人会員に選任され、
1985(昭和60)年にボン大学にて徽章を受章しました。
1986(昭和61)年、日本芸術院第一部長に選任されました。
1989(平成元)年にオーストリア造形芸術家協会と、
ウィーン・キュンストラーハウス名誉会員に推挙されました。
西ドイツ・バイエルン州功労勲章を受章しました。
1990(平成2)年に宮内庁から今生天皇の即位に伴う大嘗祭で、
皇居豊明殿を飾る「悠紀地方屏風絵」を作成しました。
長野県信濃美術館に併設して「東山魁夷館」が開館しました。
1992(平成4)年にユネスコ芸術賞の創設に対する貢献により、
ユネスコ・ピカソ金メダルを授かりました。
1994(平成6)年、信濃毎日新聞社から信毎賞を受賞しました。
千葉県市川市に「東山魁夷アートギャラリー」が開館しました。
1995(平成7)年、長野県木曽郡山口村に「東山魁夷 心の旅路館」が開館しました。
1999(平成11)年、従三位、勲一等瑞宝章を受章しました。
清澄で深い情感を称えた風景画により国民的日本画家として大きな足跡を残しました。
自然と真摯に向き合い、思索を重ねながら造り上げた芸術世界は、
日本人の自然観や心情までも反映した普遍性を有するものとして評価されています。