原田拾六

shuroku Harada

原田拾六 1941(昭和16)年生

 原田拾六は岡山県に生まれました。
1964(昭和39)年、明治大学農学部を卒業しました。
卒業後は会社勤めをしていましたが、
幼少より見慣れた備前焼の素晴らしい魅力を再認識して帰郷しました。
1971(昭和46)年、岡山県伊部に小穴窯を築窯しました。
1972(昭和47)年、登窯を築窯しました。
1975(昭和50)年に古備前研究家・桂又三郎の知遇を得て古窯跡を巡り、
桃山古備前の研究を進めました。
1991(平成3)年、牛窓・阿弥陀山に穴窯を築窯しました。
2000(平成12)年、日本陶磁協会賞を受賞しました。
2002(平成14)年、作品が岐阜県現代陶芸美術館に収蔵されました。
古来の備前焼の土味と作風を活かした趣のある作品を追求し、
研究心と行動力に富んだ真面目な努力家として知られる人気作家です。