原石鼎

Sekitei Hara

原石鼎 1886(明治19)年~1951(昭和26)年

 原石鼎は島根県に生まれました。
本名を鼎、号を鉄鼎・ひぐらしといいます。
高浜虚子に師事し、
1915(大正4)年に上京してホトトギス社に入社しました。
1917(大正6)年、ホトトギス社を退社しました。
1921(大正10)年、「鹿火屋」を創刊・主宰しました。
豊かな感性と高朗な調子で独自の句境を開き、
色彩感覚に優れたみずみずしい作風で一世を風靡しました。
句集は『花影』や『定本石鼎句集』等が知られています。