原清

Kiyoshi Hara

原清 1936(昭和11)年生

 原清は島根県に生まれました。
1954(昭和29)年に石黒宗麿の内弟子となり、
後に清水卯一に師事しました。
1961(昭和36)年、日本工芸会正会員となりました。
1965(昭和40)年に東京都世田谷区に築窯して独立しました。
1976(昭和51)年、日本陶磁協会賞を受賞しました。
1980(昭和55)年、埼玉県大里郡寄居町に窯と工房を移しました。
1992(平成4)年、日本工芸会理事に就任しました。
2002(平成14)年、日本工芸会常任理事に就任しました。
2005(平成17)年、重要無形文化財「鉄釉陶器」の保持者(人間国宝)に認定されました。
鉄釉陶器を始めとして青磁、赤絵、鈞窯釉、翠磁等の幅広い作風を展開しています。
黒色と褐色を駆使した二重掛けにより馬や鳥等の文様を巧妙に描き、
釉薬の変化も相乗した素朴な作風で高い評価を獲得しています。