船越永景

Nagakage Funakoshi

船越永景 1597(慶長2)年~1670(寛文10)年

 船越永景は船越景直の子として生まれました。
幼名を孫市、名を永景、通称を三郎四郎・伊予守、号を宗舟・正養庵、法名を自円といいます。
古田織部や小堀遠州に師事し、
徳川幕府の作事奉行や徳川将軍家の茶道師範を務めました。
自らも名器を蔵し、
船越間道の名は愛蔵の裂に発しています。