藤原建

Ken Fujiwara

藤原建 1924(大正13)年~1977(昭和52)年

 藤原建は藤原静支の三男として岡山県備前市に生まれました。
1946(昭和21)年、叔父・藤原啓の許で陶芸を始めます。
金重陶陽の宅を訪ね、以後、藤原啓と金重陶陽に師事します。
1952(昭和27)年、京都・亀岡にて金重素山に師事しました。
1954(昭和29)年、北大路魯山人の備前焼窯焚きの応援に行き、2ヶ月間滞在しました。
1956(昭和31)年、独立して第一回の窯を出します。
1960(昭和35)年、一水会賞を受賞しました。
岡山県美術展で山陽新聞社賞を受賞しました。
1962(昭和37)年、日本陶磁協会賞を受賞しました。
岡山県美術展で岡山県知事賞を受賞しました。
日本工芸会正会員、一水会正会員になりました。
1963(昭和38)年、伝統工芸展中国支部展県知事賞を受賞しました。
1966(昭和41)年、岡山県美術展教育長賞を受賞しました。
1969(昭和44)年、金重陶陽賞を受賞しました。
1973(昭和48)年、岡山県重要無形文化財に認定されました。
1974(昭和49)年、大窯にて黒住教大教殿の棟瓦、千木、鰹木等を制作しました。
1975(昭和50)年、岡山県美術展審査員、伝統工芸展中国支部審査員等を歴任しました。
1976(昭和51)年、中日国際陶芸展審査員を務めました。
1977(昭和52)年、勲五等瑞宝章を受賞しました。
重厚な造形と緻密な作風、見事な焼成は作家の大らかな人柄を現しています。
窯変、緋襷に秀作が多いです。