江戸大西家

Edo Onishi

 江戸大西家は大西定林が父・京都大西家2代大西浄清と江戸に下り、
定林が江戸に留まって興した一家(釜師)です。
以後、大西家は京都と江戸に分かれて釜作を行いますが、
江戸大西家は天保年間(1830~44)頃に絶家したと伝えられます。

初代 大西定林 生年不詳~1727(享保12)年

 大西定林は京都大西家2代大西浄清の次男として生まれました。
名を延貞、通称を五郎左衛門といいます。
父と江戸に下り、定林は江戸に留まって「江戸大西家」を興しました。
宝永年間(1704~11)から宝暦年間(1751~64)の『武鑑』には、
「御釜師 鑓屋丁 釜屋五郎左衛門」と記された幕府御用釜師でした。
東京国立博物館蔵の「井桁釜」を始めとし、
「からげ釜」等の変わった形の釜も造りました。

2代 大西五郎左衛門 生年不詳~1744(延享元)年

 2代大西五郎左衛門は初代大西定林の子として生まれました。
通称を五兵衛(後に五郎左衛門)といいます。