帖佐美行

Yoshiyuki Chosa

帖佐美行 1915(大正4)年~2002(平成14)年

 帖佐美行は鹿児島県宮之城町に生まれました。
1958(昭和33)年、日展評議員に就任しました。
「現代工芸美術家協会」を創設して常任委員に就任しました。
1962(昭和37)年、文部大臣賞を受賞しました。
1965(昭和40)年、日本芸術院賞を受賞しました。
1966(昭和41)年、現代工芸美術家協会常務理事に就任しました。
1968(昭和43)年、日本金工作家協会委員長、改組日展理事に就任しました。
1974(昭和49)年、日本芸術院会員となりました。
日本金工作家協会会長、常盤松学園女子短期大学教授に就任しました。
1975(昭和50)年、現代工芸美術家協会副会長、日展常務理事、光風会常務理事に就任しました。
1978(昭和53)年、現代工芸美術家協会を退会しました。
「日本新工芸家連盟」を創設して代表委員に就任しました。
紫綬褒章を受章しました。
1982(昭和57)年、日本新工芸家連盟会長に就任しました。
1984(昭和59)年、鹿児島市美術館顧問委嘱となりました。
1987(昭和62)年、文化功労者として顕彰を受けました。
1993(平成5)年、文化勲章を受章しました。
1995(平成7)年、日展顧問に就任しました。