浅蔵五十吉

Isokichi Asakura

2代 浅蔵五十吉 1913(大正2)年~1998(平成10)年

 2代浅蔵五十吉は石川県に生まれました。
本名を与作といいます。
父・磯吉に陶技を学びました。
1928(昭和3)年、初代徳田八十吉に師事しました。
1946(昭和21)年、北出塔次郎に師事しました。
1968(昭和43)年、北國文化賞を受賞しました。
1974(昭和49)年、日展評議員、現代工芸美術家協会常任理事に就任しました。
1977(昭和52)年、日展で内閣総理大臣賞を受賞しました。
1981(昭和56)年、日本芸術院賞を受賞しました。
日展理事に就任しました。
1984(昭和59)年、勲四等旭日小綬章を受章しました。
日本芸術院会員となりました。
1986(昭和61)年、寺井町名誉町民の称号を受けました。
1992(平成4)年、文化功労者として顕彰を受けました。
1993(平成5)年、日展顧問に就任しました。
「浅蔵五十吉美術館」が開館されました。
1996(平成8)年、文化勲章を受章しました。
九谷焼の伝統を受け継ぎながら刻彩や磁象等の技法を創案し、
現代感覚に溢れる新風を吹き込んだ功績は高く評価されています。
晩年はプラチナを用いた気品ある表現技法を展開し、
傘寿を節目に白釉「色無き色」への挑戦を続けました。

3代 浅蔵五十吉 1941(昭和16)年生

 3代浅蔵五十吉は石川県に生まれました。
本名を与成といいます。