古美術 天平堂

青磁香炉(3代 諏訪蘇山)

御売却済

深みのある青磁色を放つ青磁香炉です。気品ある存在感は上質な空間へと昇華してくれます。

商品コード
220716-1

お問い合わせ

作者
3代 諏訪蘇山
1932(昭和7)年~2005(平成17)年
重量
345g
胴径
10.9cm
口径
5.7cm
高さ
6.6cm
次第

共箱
状態
完品(無傷)

使用感のない良好な状態を保っています。

3代 諏訪蘇山 1932(昭和7)年~2005(平成17)年

3代諏訪蘇山は2代諏訪蘇山の弟・米沢蘇峰の次男として京都に生まれ、
2代の養子となりました。
本名を修といいます。
1955(昭和30)年、京都市立美術大学陶磁器科を卒業しました。
1960(昭和35)年、中村弘子と結婚しました。
1970(昭和45)年、3代諏訪蘇山を襲名しました。
1971(昭和46)年、光風会審査員に就任しました。
1976(昭和51)年、京都市美術展審査員に就任しました。
2002(平成14)年、古希を機に三女・公紀に家督を譲って隠居し、「玄心」と改名しました。
伝統的技法を基盤とし、
気品ある清澄な釉調と洗練された独自の作風を確立しています。