古美術 天平堂

黒茶碗(3代 中村道年)

御売却済

朱釉(朱色の斑文が浮き出た黒釉)が趣ある美しい景色を生み出しており、艶やかな黒釉は口当たりも良いです。力強い鋏痕を覗く事ができます。

作者
3代 中村道年
1938(昭和13)年~1988(昭和63)年
状態
完品
重量
323g
12.3cm
高さ
7.5cm
底径
5.0cm
次第
共箱
商品コード
201030-13

3代 中村道年 1938(昭和13)年~1988(昭和63)年

3代中村道年は2代中村道年の長男として名古屋に生まれました。
本名を良太郎といいます。
愛知県立旭丘高校美術課彫刻科を卒業後、父に師事して楽焼に専念しました。
1973(昭和48)年、3代中村道年を襲名しました。
父の志した光悦風茶碗を主体に独自の作風を打ち立てました。
1984(昭和59)年に今日会の同人となって裏千家との繋がりを持ち、
表千家と裏千家に重宝されました。